LED用抵抗値計算

LED抵抗値計算

オームの法則 E=IR

抵抗(R)=電圧(E)/電流(I)

電源が14.4Vで順電圧3.5VのLEDを20mAで光らせたい場合

抵抗(Ω)=(14.4V−3.5V)÷0.02A = 545Ω
ということになり545Ωに近い560Ωの抵抗器を入れればO.Kということになります。
電源電圧  V LED個数(直列) LED列数(並列)
LED電圧 V
LED以外の消費 V  整流用ダイオード(0.6V) CRD(4〜5V)など
流したい電流 mA  ※必ず1以上の数字を入れてください

     抵抗値 Ω  発光効率 LED消費電力W

【推奨】
抵抗器 W以上Ω
実電流 mA  抵抗器にかかる電力 W
LED 消費電力W    消費電力W
【参考】
抵抗器 W以上Ω
実電流 mA  抵抗器にかかる電力 W
LED 消費電力W    消費電力W
※ 小数点第3位以下は四捨五入してあります。
※ 【推奨】の抵抗器のW数は余裕を持たせてあります。(70%)
※実際にLEDにかかる電圧(順電圧)は定格値より低めになるため、ちょうど0Ωになったとしても、小さめの抵抗器を入れた方がいいです。
※抵抗器を1つで点灯させる場合の抵抗値です。並列でそれぞれに抵抗器を付ける場合は列数を1列にして計算してください。
※この計算は参考値です。絶対に安全という訳ではございません。自己責任でお願いします。

 抵抗器には規格があり、必ずしも計算で出た値の抵抗器があるとは限りません。通常は余裕を見て、大きい側の抵抗器を使いましょう。(例 450Ω →470Ω)

合成抵抗の求め方

 抵抗器を直列につないだ場合の抵抗値は、単純に抵抗値の合計
 R=R1+R2+R3+・・・
 Rは求めたい抵抗値、R1、R2、R3・・・は抵抗器です。

 になりますが、並列にした場合は少しややこしく
 1/R=1/R1+1/R2+1/R3+・・・
 となります。
 ┏ Ω
 ┣ Ω
━╋ Ω ╋━ Ω
 ┣ Ω
 ┗ Ω


E24系(公称誤差±5%)
1.01.11.21.3
1.51.61.82.0
2.22.42.73.0
3.33.63.94.3
4.75.15.66.2
6.87.58.29.1
これの10〜106倍くらいまであります

抵抗器の見方
抵抗

この場合
10の位が黄色-----4
1の位が紫--------7
乗数が黒-------×100(=1)
公称誤差が金---±5%

ということは 47×1=47Ω
47Ω公称誤差±5%の抵抗器だと分かります。
抵抗値の見方
数値 乗数 公称誤差
0×100――
1×101±1%
2×102±2%
3×103――
4×104――
5×105±0.5%
6×106――
7×107――
8×108――
9 ――
 ×10-1±5%
 ×10-2±10%
色なし  ±20%


前のページにもどる

抵抗器編 CRD編 LM317編 番外編

LEDの通信販売トミーブライト
Copyright (C) 2006-2008